名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ

お問い合わせ

0120-077-634

Menu

close 閉じる

アートメイクでナチュラルな仕上がりを目指そう! | 美容医療の専門知識/ブログ

名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ
  • トップページ
  • 新着情報
  • ブログ
  • 採用情報
カウンセリング予約
LINE予約
メールお問い合わせ
0120-077-634
  • 診療項目
  • クリニック
  • 料金のご案内
  • キャンペーン
  • 診療の流れ
  • お客様の声-工事中-
  • アクセス

他では教えてモラエナイ!美容医療の専門知識

アートメイクでナチュラルな仕上がりを目指そう!

2017.11.21 

その他

 

 

 

水や汗でも“落ちないメイク”として注目されているアートメイク。

素顔のままでもナチュラルメイクをしているかのような印象的な顔になるため、素顔にも自信が持てるようになるといわれています。

 

ここでは、アートメイクの種類や初めてアートメイクをする際のポイントをご紹介します。

 

 

 

■アートメイクの効果

専用のニードル(針)を使い、皮膚の表面に染料を入れていくアートメイクは、肌の新陳代謝によってアートメイクが薄くなることがありますが、一度入れると約2~3年は高い効果が持続するといわれています。

 

 

 

■アートメイクの種類

アートメイクはさまざまな部位でできますが、代表的な施術部位は次の4つです。

 

・アイブロウ

眉のことです。眉毛が薄い方は濃くできたり、眉を描くが苦手な方は理想の眉をキープできたりするというメリットがあります。

 

・アイライン

まつ毛の上にラインのことです。汗をかいたり、水にぬれたりしてもアイラインがにじまず、パンダ目になる心配がありません。

温泉やプールなどへ行く機会が多い人におすすめです。

 

・インサイドライン

まつ毛とまつ毛の隙間を埋めたラインのことです。まつ毛の隙間が埋まることで目の輪郭がくっきりとしてはっきりとした目元になります。

 

・粘膜ライン

まつ毛の内側の粘膜に入れるラインで、黒目をはっきりと見せる効果が期待できます。

 

これら以外にも、人工的なほくろを作ったり、リップラインや乳輪を再建したりすることもできます。

ただ、施術可能な部位は、医療機関によって異なるため、自分がアートメイクしたい部位に施術可能か問い合わせるようしましょう。

 

 

 

■アートメイクで人気が高いパーツは眉

メイクでアイブロウするとき、左右対称に仕上げるのが難しいですよね。

上手にできても汗などによってラインが消えてしまい美しい状態をキープできないという背景から、アートメイクではアイブロウが人気です。

 

アートメイクによるアイブロウは、メイクをしているようなスタンダードな仕上がりの眉になる技法だけではありません。

最近は、毛の流れに合わせて自然なラインに仕上げる3D眉アートメイクの技法も登場しており、よりナチュラルで立体感のある眉にすることもできます。

 

 

 

■はじめはナチュラルな仕上がりから始めよう

アートメイクは、一度施術を行うと2~3年は高い効果が持続するため、濃く入れすぎてしまうとその状態が続くことになります。

後から薄くしたいと思っても一度入れたアートメイクを消すことが難しいため、トラブルを防ぐためにもはじめは控えめな仕上がりを目指し、後から濃さを調節してもらうのがおすすめです。

ただ、医療機関によってはレーザーでの除去も一緒に行っているところもあるため、事前に確認しておくことをおすすめします。

関連するブログ記事

  • 0120-077-634
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
  • ページトップ
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
ページトップ