名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ

お問い合わせ

0120-077-634

Menu

close 閉じる

【医師が教える】無理なダイエットが脂肪肝の原因に!ダイエット時に気をつけたいセルフケアのポイント | 美容医療の専門知識/ブログ

名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ
  • トップページ
  • 新着情報
  • ブログ
  • 採用情報
カウンセリング予約
LINE予約
メールお問い合わせ
0120-077-634
  • 診療項目
  • クリニック
  • 料金のご案内
  • キャンペーン
  • 診療の流れ
  • お客様の声-工事中-
  • アクセス
  • ホーム
  • 美容医療の専門知識
  • 【医師が教える】無理なダイエットが脂肪肝の原因に!ダイエット時に気をつけたいセルフケアのポイント

他では教えてモラエナイ!美容医療の専門知識

【医師が教える】無理なダイエットが脂肪肝の原因に!ダイエット時に気をつけたいセルフケアのポイント

2019.07.17 

ダイエット

 

 

 

ダイエットをしている人は、痩せることを目標としすぎてしまい、逆に病気のきっかけをつくってしまうこともあります。

ここでは、ダイエットに関係する脂肪肝についてお話したいと思います。

 

 

 

■脂肪肝とは肝臓がフォアグラ状態になること!ダイエット中も注意が必要

肝臓の細胞の内に、中性脂肪が蓄積してしまった状態を脂肪肝といいます。

摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスが摂れていれば、食事で摂取した脂肪や糖質が分解されます。

しかし、脂質や糖質を摂りすぎるような食生活を続け、運動不足の状態が続くと、やがて分解しきれない脂質や糖分が中性脂肪として肝臓に蓄積していきます。

 

過剰な摂取だけでなく、ダイエットなどで極端な食事制限をするのも原因になることがあります。

栄養が不足することで、「低栄養性脂肪肝」という病気になる可能性があるからです。

そのため、ダイエット中という方も、脂肪肝には注意が必要です。

 

 

 

■脂肪肝にならないために気をつけたい食生活

食事では、脂肪が肝臓に蓄積することから脂っこいものを抑えないといけないと思う方は多いです。

それももちろんですが、糖質にも注意が必要です。

糖質は、ご飯やパン、麺類などのメインとなる食材に多く含まれています。

ほかにも、フルーツにも糖分は多く含まれているので、旬のフルーツを楽しむ場合は、1日1/2個を目安にするようにしましょう。

 

また、甘いものが好きという方は、なるべく朝に摂取するのがおすすめです。

夜よりも朝のほうが、活動量が多く、動くことでエネルギーとして消費されやすくなるためです。

好きなものを食べたいときほど、時間に注目しましょう。

 

 

 

■食事の食べ方も重要

食事をすることで、血糖値が上昇します。

すると身体は上昇した血糖値を下げるためインスリンというホルモンが大量に分泌されます。

インスリンには、エネルギーとして消費されなかった糖分を中性脂肪として体内に蓄えようとする働きがあるため、脂肪肝を気にしながらダイエットをするのであれば、血糖値を急上昇させない食べ方を知っておくことも重要です。

 

食べる順番は、野菜→肉・魚→ごはん(炭水化物)の順番です。

野菜のおかずからよく噛んで食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができ、インスリンの分泌量も抑えることができます。

 

 

 

■無理なダイエットをするくらいなら脂肪吸引を

極端な食事制限などによって脂肪肝のリスクを高めるくらいなら、脂肪吸引で手早く目的を達成し、太りにくい、リバウンドしにくい体質へと改善するのもひとつの解決策です。

せっかく痩せても病気になってしまっては意味がありません。

美容整形をうまく活用しながら、健康的に理想のボディを手に入れましょう。

 

 

関連するブログ記事

  • 0120-077-634
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
  • ページトップ
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
ページトップ