名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ

お問い合わせ

0120-077-634

Menu

close 閉じる

【医師が教える】血行がバストアップを左右する!自宅でできるバストの血行アップのポイント | 美容医療の専門知識/ブログ

名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ
  • トップページ
  • 新着情報
  • ブログ
  • 採用情報
カウンセリング予約
LINE予約
メールお問い合わせ
0120-077-634
  • 診療項目
  • クリニック
  • 料金のご案内
  • キャンペーン
  • 診療の流れ
  • お客様の声-工事中-
  • アクセス

他では教えてモラエナイ!美容医療の専門知識

【医師が教える】血行がバストアップを左右する!自宅でできるバストの血行アップのポイント

2020.02.12 

バスト

 

 

 

リスクの少ない、メスを使わない豊胸手術などもあり、バストアップが手軽におこなえるようになってきています。

もちろん美容医療の力を借りてバストアップするのも悩みを解決するポイントですが、セルフケアでできることはないのかと思われる方もいるでしょう。

 

そこで今回は、バストアップの秘訣といわれる血行との関係についてご紹介。

簡単にできるバストの血行を良くする方法もお伝えします。

 

 

 

■バストアップと血行の関係

バストアップするためには、バストの発育に必要な栄養が乳腺に運ばれなければなりません。

食べ物などから得た栄養は血液と一緒に全身に運ばれます。

バストへももちろん、血液にのって栄養が運ばれるのですが、血行不良だと必要な栄養をしっかりとバストに送り届けることができません。

そのため、バストアップしたいのであれば、バストの発育によいとされる栄養を摂取するだけでなく、バストの血行も良くすることが大切なのです。

 

 

 

■バストアップを妨げる原因…バストを隠そうとして猫背になること

バストにコンプレックスがある方によくみられるのが、小さなバストを隠そうとして猫背になることです。

バストを隠している、いないに関わらず猫背という方は多いですが、背中が丸く曲がっていると、血流の流れが悪くなるため、背筋を伸ばした正しい姿勢を意識しましょう。

 

 

 

■手軽にできる血行アップの方法

効果的にバストの血行を改善できるのは、お風呂につかることです。

温度は40度くらいが目安で、ジワっと汗が出るくらいまで、ゆっくりと湯船につかってバストを温めましょう。

汗をかきづらい方は、入浴前にコップ一杯の白湯をのむのがおすすめです。

 

入浴後、全身の血行が良くなった状態でバストアップマッサージをおこなうのもよいでしょう。

鎖骨周辺の筋肉を指でグリグリと刺激しながらやさしくほぐします。

その後、バストサイド、バストの下側をやさしく円を描くようにマッサージし、最後に下から理想の位置までグッとバストを引き上げます。

脇に流れた部分をバストの中央に集めるようなイメージで引き寄せます。

 

血行が良くなっているタイミングでおこなうことで、より効果的に栄養を届けることができるので、毎日の入浴時にぜひ血行改善とマッサージをしましょう。

関連するブログ記事

  • 0120-077-634
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
  • ページトップ
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
ページトップ