名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ

お問い合わせ

0120-077-634

Menu

close 閉じる

腋臭症の治療の選択肢 | 美容医療の専門知識/ブログ

名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ
  • トップページ
  • 新着情報
  • ブログ
  • 採用情報
カウンセリング予約
LINE予約
メールお問い合わせ
0120-077-634
  • 診療項目
  • クリニック
  • 料金のご案内
  • キャンペーン
  • 診療の流れ
  • お客様の声
  • アクセス

他では教えてモラエナイ!美容医療の専門知識

腋臭症の治療の選択肢

 

 

 

腋臭というのは脇の下にある汗腺であるアポクリン腺という汗腺が原因でおこるにおいで、人によっては非常に強いにおいが出てくることがあります。腋臭の治療は手術以外にも様々な治療法があるので、それぞれのメリットとデメリットを理解しておくことが大切です。

 

 

1腋臭の治療法

 

1ボトックス注射

ボトックスというのはボツリヌストキシンという細菌が作り出す成分を使った治療法です。ボトックスを含んだ薬を注射することで汗を分泌する信号を途中で遮断することができるので、薬を注射するだけで簡単に治療ができます。施術時間が短いにもかかわらず、効果は6ヶ月程続くので、非常に人気のある治療法です。

 

汗が気になる部分にボトックス注射をするだけの治療なので、脇の下以外にも手や足にも施すことができる治療法なので、汗が多く困っている方にもオススメの治療法です。

 

 

2吸引法

吸引法は脇の下の皮膚に小さい切開を加えて、そこから機械を使って腋臭の原因になる汗腺を取り出す治療法です。切開部位が非常に小さく、傷跡が目立たない治療法で、治療自体も20分程度で完了します。術後1週間ほどで抜糸できるので体への負担も少なく、どなたでも治療を受けることができます。しかし、再発の可能性や取り残しの可能性があるので人によっては再び腋臭が出てくることがあります。

 

吸引法では固いコラーゲンにしっかりと根付いた汗腺を除去するのは難しいので、頑固な腋臭の場合には治療が難しいことがあります。

 

 

3剪除法

再発をしにくい治療法として知られているのは剪除法です。この方法では腋臭の原因となるアポクリン腺を広範囲にわたって手術で除去することができるので、脇の下の黄ばみや臭いが気になっていたり、長引く腋臭で悩んでいた方に非常に効果のある治療法です。単純に汗を抑えるだけではなく、根本の原因を目視しながら確認し、除去できるので男女ともにオススメできる治療法です。

 

4剪除法+イナバ式

 

剪除法は脇の下に広く切開線を入れながら治療する方法ですが、イナバ式の場合にはこの傷を小さく抑え、確実にアポクリン腺を除去することができます。イナバという器具を使って皮膚の中にあるアポクリン腺を除去できるので、短時間でしっかりと治療を終えたい方にうってつけの方法です。

 

 

 

腋臭症治療について詳しくはコチラ

関連するブログ記事

  • 0120-077-634
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
  • ページトップ
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
ページトップ