名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ

お問い合わせ

0120-077-634

Menu

close 閉じる

【医師監修】二重にできる美容液の効果と二重手術 | 美容医療の専門知識/ブログ

名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ
  • トップページ
  • 新着情報
  • ブログ
  • 採用情報
カウンセリング予約
LINE予約
メールお問い合わせ
0120-077-634
  • 診療項目
  • クリニック
  • 料金のご案内
  • キャンペーン
  • 診療の流れ
  • お客様の声
  • アクセス

他では教えてモラエナイ!美容医療の専門知識

【医師監修】二重にできる美容液の効果と二重手術

2018.02.06 

二重・目

 

 

 

パッチリとした二重に憧れる女性は多いですよね。

二重にすることで黒目もしっかり見えるようになることから、より魅力的な目元を目指して、アイプチやアイテープなどを使っている人も多いですが、最近は二重にできる美容液も登場しているそうです。

二重にできるアイテムで永久的な二重まぶたが実現できるものなのか、お話ししたいと思います。

 

 

 

 

■パッチリ二重にできる美容液とは?

 

二重にするツールとしては、アイプチやアイテープなどが有名ですが、まぶたが厚くてうまくできなかったり、使っているうちに肌が荒れてしまったりするケースがあり、途中で二重にするのをあきらめてしまう人も多いことから、塗るだけで二重にできる美容液が登場しています。

 

 

  • 二重美容液の特徴

 

むくみや筋肉の衰えによって下がったまぶたを引き締め、肌にうるおいを与えながら二重にするという特徴があります。

二重美容液は多種多様で、それぞれに特徴があります。

顔を引き締めるジェルからヒントを得てできた二重美容液の場合、顔全体に使えるため、目元を引き締めるだけでなく、小顔効果も期待できるものもあるそうです。

 

ただ、二重美容液でまぶたが引き締まっても二重にはならないケースもあり、効果の実感には個人差があるのが実情です。

 

 

 

 

■手軽に二重を手に入れたいなら二重手術

 

腫れぼったくなった目元を引き締めるという意味で二重美容液を使用するのもひとつの方法ですが、手っ取り早く二重にするのであれば、二重まぶた美容整形がおすすめです。

二重にする治療法は、大きく分けると「埋没法」と「切開法」があります。

 

  • 埋没法

専用の糸を使い、二重にしたいラインで固定する方法です。

メスを使わず、糸でまぶたを希望のラインで固定するため、傷が残る心配がありません。

病院によっては、仕上がりが気に入らなければ後から調節できるケースもあるため、手軽にやってみたいという方には埋没法がおすすめです。

 

 

  • 切開法

余分な皮膚や組織を切除してくっきりとした二重ラインを作る方法です。

切開するため傷が残りますが、切開する部分は、二重になる部分のため、傷が目立つ心配はありません。

埋没法の場合、糸がゆるむ可能性がありますが、切開法ではその心配もないため、確実に二重にしたいという人におすすめです。

 

 

 

■美容液を試しても二重にならなければ二重手術

 

手軽に二重にできる二重手術があるとはいえ、美容整形に対して抵抗感がある人もいるでしょう。

そういう方は、まず二重美容液でまぶたを引き締めることから始めてみるとよいかもしれません。

二重美容液を使っても目元の悩みが改善されないのであれば、ひとつの解決策として二重手術をおすすめします。

 

 

関連するブログ記事

  • 0120-077-634
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
  • ページトップ
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
ページトップ