名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ

お問い合わせ

0120-077-634

Menu

close 閉じる

【医師が教える】スターバックスなどで有名なコーヒーによるダイエットとは? | 美容医療の専門知識/ブログ

名古屋の美容外科・皮膚科・形成外科なら名古屋中央クリニック|topへ
  • トップページ
  • 新着情報
  • ブログ
  • 採用情報
カウンセリング予約
LINE予約
メールお問い合わせ
0120-077-634
  • 診療項目
  • クリニック
  • 料金のご案内
  • キャンペーン
  • 診療の流れ
  • お客様の声
  • アクセス

他では教えてモラエナイ!美容医療の専門知識

【医師が教える】スターバックスなどで有名なコーヒーによるダイエットとは?

2018.06.14 

ダイエット

 

 

 

休憩タイムなどに飲むことが多いコーヒー。

気分転換に最適な飲み物ですが、コーヒーにダイエット効果のある成分が含まれているとのことで、痩せたい方に注目されています。

そんなコーヒーによるダイエットとはどのようなものか、その効果や注意点などについてお話したいと思います。

 

 

 

 

■スターバックスやインスタントのコーヒーの作用

コーヒーは低カロリーの飲み物といわれています。

スターバックスのドリップコーヒーの場合、Shortサイズのブラックで約10kcal※1です。そのため、ダイエット中にも飲みやすい嗜好品といわれています。

 

 

 

コーヒーにはカフェインという成分が含まれています。

カフェインには、次のような働きがあるといわれており、うまく使うことでダイエットをサポートしてくれる効果が期待できます。

 

  • カフェインの作用

・利尿作用

・頭をすっきりさせる

・眠気を抑える

・脂肪燃焼作用※2

 

 

 

 

■ダイエット効果が期待できるとされる方法

カフェインが脂肪細胞を刺激し、脂肪を分解してくれると考えられていますが、コーヒーを飲むタイミングを間違えると効果があまり期待できなくなるといわれています。

 

  • 運動前や入浴前にコーヒーを飲むのがベスト

カフェインの脂肪燃焼作用は、コーヒーを飲んでから4時間くらいとされています。

したがって、コーヒーを飲んで脂肪が燃焼しやすい状態にしてから運動するのが効果的といわれています。

また、入浴中は自律神経の働きが活発になるため、身体に蓄積された脂肪も燃焼しやすくなります。

したがって、入浴前にコーヒーを飲んでおけば、お風呂に入るだけで効率よく脂肪を燃焼させることが可能といわれています。

 

  • ただし、カフェインの摂りすぎには注意

適度な量のカフェインであれば、リフレッシュができてダイエット効果も期待できますが、飲みすぎるとめまいや興奮、不眠症などの急性作用を引き起こしてしまします。

日本では目安量は決められていませんが、一部の国では健康な成人の場合、カフェインの量が1日400mg※3になるよう呼び掛けています。

コーヒーで換算すると、マグカップで約3倍が目安とされているため、飲みすぎには注意しましょう。

 

 

 

 

■手っ取り早く痩せたいなら脂肪吸引

脂肪燃焼効果が期待できるとは言え、コーヒーを積極的に飲むだけではなかなか効果が現れにくいこともあります。

もっと簡単に早く痩せたいと考えるのであれば、太って見える原因である脂肪を根こそぎ取り除く脂肪吸引で悩みを改善するのもひとつの方法かもしれません。

 

コーヒーの作用をうまく活用しつつ、脂肪吸引で理想的なボディーラインを手に入れましょう。

 

 

 

 

 

参考サイト

※1http://www.starbucks.co.jp/assets/images/web2/images/allergy/pdf/allergen-beverage.pdf

※2https://ginza-gratia.jp/info/diet/%E5%85%A5%E6%B5%B4%E5%89%8D%E3%81%AB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%82%82%E3%81%86

※3https://food-faq.jp.net/modules/faq/?action=Detail&faqid=50

関連するブログ記事

  • 0120-077-634
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
  • ページトップ
  • カウンセリング予約
  • LINE予約
  • メールお問い合わせ
ページトップ